読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビ・シフロール、ミラペックスLA(プラミペキソール)の作用機序ビ・シフロール、ミラペックスLAはD2受容体刺激薬と呼ばれ、パーキンソン病によく見られる症状である手足のふるえや筋肉のこわばりを改善する薬である。パーキンソン病を知る上で理解をしておき…

ペルマックス(ペルゴリド)の作用機序・特徴

◎ペルマックス(ペルゴリド)の作用機序 ペルマックス(ペルゴリド)はD2受容体刺激薬と呼ばれ、パーキンソン病によく見られる症状である手足のふるえや筋肉のこわばりを改善する薬である。 パーキンソン病を知る上で理解をしておきたいのが、ドパミンと呼ばれる…

山百合の里

私の住んでいるところは、「百合丘」という住所(地名)なのに、何故か「百合ケ丘」と「ケ」がつくものがほとんどだ。百合ケ丘駅、百合ケ丘小学校、百合ヶ丘駅前郵便局、横浜銀行百合ヶ丘支店、スーパー三和百合ヶ丘店、ゆりストア百合ヶ丘本店など。百合丘…

ニュープロパッチ(ロチゴチン)の作用機序・特徴

◎ニュープロパッチ(ロチゴチン)の作用機序ニュープロパッチ(ロチゴチン)はD2受容体刺激薬と呼ばれ、パーキンソン病によく見られる症状である手足のふるえや筋肉のこわばりを改善する薬である。パーキンソン病を知る上で理解をしておきたいのが、ドパミンと呼…

「リストマニア」が教える、有効的なTo Doリストのつくり方

『リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣』(ポーラ・リッツォ著、金井真弓訳、飛鳥新社)の著者は、アメリカの著名TVプロデュ―サー。そして、「いまの自分があるのはリストのおかげ」と信じて疑わないというほどの「リストマニア」…

梅雨と不調とわたし…この時期の体調不良をどうにかしたい!

関東も梅雨入りしました。雨の季節にはねずみ色の空が広がる日が多くて、気分も落ち込みがちの方もいらっしゃるかもしれないですね。わたしの周りに気圧の関係で体調がすぐれない人もちらほらいます。医師に聞いたところ、どうやら梅雨の時期には体調不良を…

iPS他家移植 慎重な手続きで前進を

患者自身の細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、ここから治療用の細胞・組織を作って患者に移植する。拒絶反応を回避できる点でiPS細胞利用の利点とされてきた方法である。 ただし、そこには弱点がある。一人一人の患者にあわせてオーダーメー…

メネシット、ネオドパストンの作用機序・特徴

メネシット、ネオドパストンの作用機序・特徴 メネシット、ネオドパストンは脳内におけるドパミンを補充することによって、パーキンソン病の症状を改善する薬である。 パーキンソン病の主な症状は体がスムーズに動かないなどの運動機能障害である。これは神…

9つ以上当てはまったらヤバい! 内臓疾患も誘発する「歯周病」チェックリスト

たとえば、仕事であまりに疲れた日や、お酒を飲み過ぎてしまった日。歯磨きをするのが面倒で、帰宅すると同時にベッドに倒れ込んで、そのまま朝まで眠ってしまうことはありませんか? 一日くらい、寝る前に歯を磨かなくても平気な気がしますが、そんなことは…

水素水ビジネスにのめり込む伊藤園、パナソニックの「品格」

ウリは「高濃度」 だけど効果は「水分補給」 村中璃子 (医師・ジャーナリスト) リウマチ、認知症、パーキンソン病、脳梗塞、メタボ、ED、二日酔い、糖尿病、疲労・肩こり、アレルギー、歯周病、シミ・シワ・美肌――『水素水とサビな い身体』(小学館)の帯…

「最後の切り札」の強力抗生物質も効かない「多剤耐性菌」の恐怖 世界で1000万人が死亡!?

5月26日、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は、すべての抗生物質が効かない多剤耐性菌による初の感染例がペンシルベニア州で発覚したと発表した。発表によると、尿路感染症に罹った女性(49)は、通常の抗生物質を投与しても完治しなかったため、最後の…

NHK チョイス@病気になったとき・選「知っておきたい パーキンソン病」

NHK チャンネル [Eテレ]2016年6月4日(土) 午後3:00~午後3:45(45分)番組内容パーキンソン病は、治療薬が進歩し進行を遅らせることができるようになった。リハビリテーションの重要性も分かってきた。早期発見と的確な治療のためのチョイスを紹介。出演者…

職業別加入率1位「医師」、2位「IT系」の保険が“暗示”すること

20、30 代「ひとり暮らし」が働けなくなったら 単身の世帯が増え続けています。高齢者もそうですが、20、30代の若い世代にもひとり暮らしが多くなっています。相関関係にあるのは、未婚率の上昇でしょう。 以前、30代のキャリアウーマンのお客さまが次のよう…

マドパー、ネオドパゾール、イーシー・ドパールの作用機序・特徴

◎マドパー、ネオドパゾール、イーシー・ドパールの作用機序マドパー、ネオドパゾール、イーシー・ドパールは脳内におけるドパミンを補充することによって、パーキンソン病の症状を改善する薬である。パーキンソン病の主な症状は体がスムーズに動かないなどの…

科学者が勧める「脳を若返らせる」方法

Inc.:気持ちを若返らせたければ、健康的な生活やジム通いが一番です(見栄えのするヘアスタイルにしたり、夜遊びではじけたりするのも悪くないでしょう)。でも、思考を若返らせたい場合はどうすれば良いのでしょうか?私たちの脳は回復力に富み、晩年にな…

腰曲がり治療剤 WO 2012147597 A1

公告番号 WO2012147597 A1公開タイプ 出願出願番号 PCT/JP2012/060522公開日 2012年11月1日出願日 2012年4月12日優先日 2011年4月25日発明者 Miho Murata, 美穂 村田, Takashi Sakamoto, 崇 坂本, Yoshihiko FURUSAWA, 嘉彦 古澤特許出願人 National Center …

ラサジリンの作用機序・特徴

ラサジリンはMAOB阻害薬と呼ばられるパーキンソン病治療薬である。パーキンソン病の患者は脳内におけるドパミンの量が減少している状態である。ドパミンは運動機能に関与する神経伝達物質なので、ドパミンが不足してしまうことによって、体が上手く動かなく…

オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明

アメリカのオバマ大統領は、平和公園で被爆者などを前に「人類が悪を犯すことを根絶することはできないかもしれない。しかし、大量の核兵器を持つ、アメリカなどの国々は恐怖から脱却し、核兵器のない世界を追求しなければならない」と述べ、核兵器のない世…

日本が目指すべき国家戦略は「難病治療の最後の砦」

鈴木寛 [東京大学・慶応義塾大学教授]今医療の世界で何が起きつつあるのか?こんにちは。鈴木寛です。 今回は連載第42回に引き続き、医療イノベーションについてのお話をしたいと思います。 実は、今の医療の世界は革新的な時期にあります。20年前に起きたIT…

コムタン(エンタカポン)の作用機序・特徴

コムタン(エンタカポン)はCOMT阻害薬と呼ばれるパーキンソン治療薬だ。パーキンソン病を理解するには、ドパミンという神経伝達物質について知ることが重要である。ドパミンは運動機能に関与する神経伝達物質で、パーキンソン病患者では脳内のドパミンが減少…

シンメトレル(アマンタジン)・ ドプス(ドロキシドパ)の作用機序

シンメトレル(アマンタジン)はドパミン遊離促進薬と呼ばれるパーキンソン病治療薬だ。パーキンソン病では脳内のドパミンが減少した状態である。ドパミンは神経伝達物質の一種で、運動機能に関与するため、ドパミンが不足してしまうことにより、手足のふるえ…

トンカツは人体に危険!一流アスリートは魚食だった!子供の知能発達も促進

近年、スポーツ栄養学の研究が進み、栄養補給やケガの予防、疲労回復のための食事の仕方、メニュー開発がなされ、一流アスリートは食と運動をひとつとして捉えています。 油に関心を持ってすごしていると、食全般の情報も入ってくるため、アスリートの食を知…

茂木健一郎が語る、SNSだけやたらと前向き「ニセモノ・ポジティブ」な人が成功しないワケ

「トラブルどんと来い! あ~ワクワクする!」))「この経験は自分が強くなる試練。さあ、人生の扉を開けるぞ!」 あなたのSNSに、やたらとポジティブな発言ばかり繰り返す人はいませんか? ポジティブなのはいいことですが、これが何日も続くと無理をしてい…

貼付剤、広がる治療領域―日東電工「高分子薬も貼って投与」の実用化加速、久光も新規領域を積極開拓

大手素材メーカーの日東電工は、高分子化合物をも皮膚から投与できる新たな技術の実用化を加速。第一三共と組んで、米国で臨床試験を始めます。久光製薬も、さまざまな疾患を対象に新たな貼付剤の開発を進めています。安定した血中濃度の維持が可能で、服薬…

バナナが食卓から消えるおそれ 病気の感染拡大

手ごろな価格で栄養価も高い果物として親しまれているバナナですが、バナナの木を枯れさせる病気の感染が世界中に広がっています。日本の最大の輸入元のフィリピンでは、生産量が減少するなど影響も出始め、対策を急がなければ、将来、手軽に食べられなくな…

スポーツジムを出る前に手を洗おう、感染症予防のためにメシチリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などによる皮膚感染症は、スポーツジムやロッカールームのような環境では、あっという間に広まってしまいます。スポーツジムで汗をかいたあとは汚れを落とすもの…

知ってた? フラダンスの驚くべき効果知ってた?

知ってた?フラダンスの驚くべき効果知ってた? フラとは、ただ振り付けの通りに踊るものではなく、遥か昔の言葉がなかった時代の伝承手段として、大切な役割を果たす踊りでもありました。「フラ」とはハワイ語でダンスのことを意味し、独特な手をユラユラと…

夫婦で月額年金支給10.8万!民間老人ホームは一人月25万、公営は50万人待機

文=神樹兵輔/マネーコンサルタント社会保障体制崩壊の危機に政治は無策・無頓着 本連載の前回記事『貧乏の元凶、人生の3大無駄遣い! 5千万円の資産形成は簡単! 住宅ローンや保険はNG!』で、これからの老後環境がますます厳しいものになることを紹介し、…

勤労世代の5人に2人は、納税で社会に貢献するどころか 稼ぎが悪くて社会のお荷物になっているという図式に

消費税増税に関する三党合意についてなど、細やかな政策上の経緯や是非は脇に起きますが、基本的には、消費税増税を行う意図というのは、一部は増え続ける社会保障費などの歳出を支えるためには増税が必要、というコンセンサスがありました。本当に消費税を…

iPS細胞10年 進む再生医療・創薬研究、ハードルも

皮膚や血液の細胞から作れる万能細胞、iPS細胞が開発されて今年で10年。無限に増え、体の様々な種類の細胞に変化できる性質を生かし、再生医療や創薬に向けた研究が急速に進んでいる。一方、複雑な組織ほど体外で作り出すことは難しく、越えなければな…

シンメトレル・トレリーフの作用機序・特徴

シンメトレル(アマンタジン)はドパミン遊離促進薬と呼ばれるパーキンソン病治療薬だ。パーキンソン病では脳内のドパミンが減少した状態である。ドパミンは神経伝達物質の一種で、運動機能に関与するため、ドパミンが不足してしまうことにより、手足のふるえ…

コーラやノンアルコールビール、スーパーの惣菜は要注意!発がん性物質を含むカラメル色素が野放し!カップ麺も

カラメル色素という食品添加物をご存じでしょうか。天然添加物の一種で、食品を褐色に染めるため、実に数多くの食品に使われています。コーラ、カップめ ん、インスタントラーメン、しょうゆ、ソース、めんつゆ、焼肉のたれ、カレールウ、レトルトカレー、漬…

執念

一昨日、Windows7からWindows10へアップグレードした時に、DVDドライブが消えた というトラブルのお話をしましたが、この問題は久し振りに私の意地を見せた出来事でした。元来、メカ音痴でPCなどサッパリわからないし、何かあればS氏という専門家に聞いてい…

メネシット、ネオドパストンの作用機序・特徴

メネシット、ネオドパストンは脳内におけるドパミンを補充することによって、パーキンソン病の症状を改善する薬である。パーキンソン病の主な症状は体がスムーズに動かないなどの運動機能障害である。これは神経伝達物質の1つで、運動機能に関与するドパミ…

Windows 10 へアップグレード後、 光学ドライブ (DVD/Blu-ray) が認識されない場合

Windows7sp1からWindows10にアップグレードしてみたのですが、DVDドライブとブルーレイドライブの2つの内のブルーレイの方が認識されておらず(デバイスマネージャーにも無い状態)、トラブルシューティング ツールも試しましたがダメで、一度Win7に戻して…

若年性パーキンソン病原因遺伝子産物(PINK1とParkin)による ミトコンドリア品質管理の調節機構の解明

ポイント ミトコンドリア品質管理の1つの調節機構を明らかにしたことで、パーキンソン病の病態のさらなる理解に貢献することが期待される。 細胞内環境に応じた調節機構の発見により、環境が大きく変化する細胞分化の際にもミトコンドリア品質管理が新たな…

大量飲酒は「脂肪肝」にまっしぐら

もはや国民病! 今や日本人の3人に1人が脂肪肝という時代に ビジネスパーソンの多くが気にする「脂肪肝」。健康診断の結果で真っ先にそこを見ている人も少なくないだろう。「脂肪肝」というと、「カロリーの摂り過ぎによる肥満からの疾患」と思う人も多いだ…

朝食に摂る「大豆」が果たす、超意外な"大役"

効果はランチ以降の時間帯に現れる!「食べる順番」や「糖質オフ」といった健康食事法。国民的に認知度が上がり、もはや単なる流行ではなく、一般的な食事のスタイルになってきました。 それに加え、近年注目度が上がってきているのが「セカンドミール効果」…

第17回 摂食嚥下障害の臨床Q&A

第17回 摂食嚥下障害の臨床Q&A 「骨折で入院したパーキンソン病患者さん」 2016/05/03 監修・執筆 野原 幹司(のはら かんじ) 大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能学講座 顎口腔機能治療学教室 執筆 野原 幹司(のはら かんじ) 大阪大学大学院歯学研究…

手術も100%!順天堂大病院「院長職も100%頑張る」理由

天皇の執刀医Dr.天野篤の「危ぶめば道はなし」【18】人生何が起こるかわからないこの4月から順天堂大学附属順天堂医院の院長に就任しました。院長になったからといって、もちろん外科医をやめるわけではなく、院長職も100%、心臓外科手術も100%頑張りたい…

快眠マイスターに教えてもらった「肩こり&腰痛」を予防する “枕のひと工夫” が目からウロコ

肩こり、もしくは腰痛に悩んでいる人は日本に何人くらいいるのでしょうか。私(筆者)の体感としては、1億3000万人のうち1億人くらいは肩こりか腰痛のどちらか、もしくはその両方にやられているように思います。とにかく、メッチャ多いですよね。私の周りな…

飲酒後の腕枕に注意! 神経圧迫で完全麻痺も しびれ取れない状態に

長時間にわたって腕枕で寝ていて、目覚めたときに腕がしびれる。手首がだらんとなることも。「腕を走る橈骨(とうこつ)神経が圧迫されて起こる橈骨神経麻痺(まひ)です。整形外科で適切な診断と治療を」と、川崎市立川崎病院(神奈川県)の堀内行雄院長(…

コレステロール制限は人体に超危険!高いほうが長寿命、低下剤は糖尿病等のおそれ

食事内容によって体内のコレステロール値が大きく変わることはない。 動脈硬化の原因になるなどと嫌われ者になっているコレステロール対策として、動物性のバターより植物性のマーガリンのほうが体に良いと信じ込んでいる人はまだまだ多いようですが、それは…

パーキンソン病のリハビリ 介護、食事の注意点

パーキンソン病は、体の運動機能に障害が出る病気ですので、リハビリによって改善が見込めることがあり、病状を悪化させないための運動も有効です。介護や食事の時の注意点を含めて、医師監修記事、わかりやすく解説します。なお、文中に登場する「パーキン…

パーキンソン病の疑問 治る?寿命に影響?予防できる?

パーキンソン病は、「難病」というイメージが強いかもしれません。確かに、現時点で、根本的な原因を解決することはできませんが、症状をおさえる治療は可能です。予防の可能性や寿命への影響も含めて、医師監修記事で、わかりやすく解説します。なお、文中…

パーキンソン病の検査と治療 薬、手術の効果とリスク

パーキンソン病の検査と治療 薬、手術の効果とリスク 作成:2016/04/25 NEW パーキンソン病は、難病のイメージが強いかもしれ ませんが、薬などで症状をおさえることが可能です。また、必要に応じて、頭部に対して手術を実施します。ただ、他の手術と同様で…

パーキンソン病の症状 初期症状は?認知症との関係

パーキンソン病の検査と治療 薬、手術の効果とリスク 作成:2016/04/25 NEW パー キンソン病は、難病のイメージが強いかもしれ ませんが、薬などで症状をおさえることが可能です。また、必要に応じて、頭部に対して手術を実施します。ただ、他の手術と同様で…

人間の老化に対する初の遺伝子治療が成功か

遺伝子治療について研究を行うBioViva USAが、世界で初めて人間の加齢に対する遺伝子治療に成功したと発表しました。実験的治療は同社のCEOに対して行われたもので、今回の実験結果が正しければ、年齢に関係して発生する疾患の治療法が大きく進化する可能性…

レボドパ含有製剤4成分に重大副作用追加 PMDAが改訂情報を発出

2016年4月25日 医薬品医療機器総合機構 カテゴリ: 神経内科疾患・脳神経外科疾患・投薬に関わる問題 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は4月21日、抗パーキンソン病薬のレボドパ含有製剤4成分の使用上の注意で、重大な副作用として閉塞隅角緑内障の追加指示が…